闘会議2017に行ってきた

投稿日:

2017年2月11(土曜日)12日(日曜日)に千葉の幕張メッセで開催された闘会議2017の2日目に行ってきました。

海浜幕張駅に到着。たくさんの人の流れができていました。
闘会議2017へ行ってきた

朝食はコンビニでおにぎりでも買って食べようかと思いましたが、吉野家があるのでそこで済ませました。ついでに水もたくさん飲みました。
闘会議2017へ行ってきた

ニコニコ超会議には何度か行ったことはありましたが、闘会議に行くのは初めてです。
闘会議2017へ行ってきた

当日行かないかもしれなかったので、予約券は購入せず当日券にしました。
闘会議2017へ行ってきた

スマートフォンアプリ「ぷよぷよ!!クエスト」の大会があるとのことで、予選の時間内に来たところ、空いていたので参加することにしました。
闘会議2017へ行ってきた

1回目がこの記録。スタッフさんより「何度でもチャレンジできますよ」ということなので複数回チャレンジしてみましたが、初回の記録更新ならず。
闘会議2017へ行ってきた

ポケモンGOのポケストップのブース。オブジェがくるくる回っているだけでした。
闘会議2017へ行ってきた

ゲーム実況者エリアでは、有名ゲーム実況者達がファンに対して熱い言葉を投げかけていました。
闘会議2017へ行ってきた

ニンテンドースイッチで発売予定のゼルダ新作。
闘会議2017へ行ってきた

スプラトゥーンのブースでは、この日のために全国から長きにわたって予選が繰り広げられたこともあり、一段と盛り上がっていました。
闘会議2017へ行ってきた

ぷよクエの予選時間が終わったので、行ってみると、なんと、自分のエントリネームがありませんでした。どうやら、複数回チャレンジした場合は最後の記録が反映されるようです。これはちょっといただけないですね…。複数のハンドルネームを使い分けたり、即席で別IDを作ったり、もしくは悪い記録が出たらスタッフさんに声をかけずに退出すればノーリスクで良い記録を維持できるということを意味します。事前にアナウンスするか、良い記録の方を反映して欲しかったです。
闘会議2017へ行ってきた

FFシリーズでは5を一番やりこんだので、FF5のパネルを見つけて懐かい思い出が蘇ってきました。
闘会議2017へ行ってきた

ポケモンのぬいぐるみのコーナー。いろんなピカチュウがいてかわいいです。
闘会議2017へ行ってきた

こちらは新作のサンムーンのぬいぐるみ。アローラライチュウやミミッキュやキテルグマなども既に作製されています。
闘会議2017へ行ってきた

これらの展示品はまだリリースされておらず、3月に登場するようです。
闘会議2017へ行ってきた

ヨッシーのクタッとぬいぐるみヨッシー。2月の第4週に登場予定とのこと。
闘会議2017へ行ってきた

依然として人気の高い初音ミクのフィギュア。様々な衣装のバージョンがあります。
闘会議2017へ行ってきた

アンケートに答えるとぷよぷよのぬいぐるみがもらえるような雰囲気のブースがあったので答えてみました。3等だったので、なかなか良いものがもらえるかなと思ったら、実質ハズレのうまい棒でした。
闘会議2017へ行ってきた

3DSポケットモンスターサン・ムーンの大会もこの日にありました。予選枠は先着順につきすぐ埋まると思っていたのでエントリは狙いませんでした。
闘会議2017へ行ってきた

ウデ自慢エリアでは、様々なゲームタイトルごとに連勝を狙うものがあり、ぷよぷよテトリスもありました。5連勝で殿堂入りになるようです。
闘会議2017へ行ってきた

このゲームはぷよぷよとテトリスではテトリスの方が有利なので、自分を含む他のぷよぷよ勢達もテトリス相手に大苦戦。中級者以上のテトリス使いが来ると開幕パーフェクトクリアが飛んできたり、数秒置きに2列ほど降って来るのでツモが引けてなくてまず負けます。5連勝ならず。
闘会議2017へ行ってきた

再びポケストップのブースに行くと何やら人だかりができていました。なんと、3体のピカチュウが踊っていました。
闘会議2017へ行ってきた

自由に写真を撮ったり、ポーズを依頼したりできるようです。整理券などもないので、気軽に楽しめますね。
闘会議2017へ行ってきた

ウデ自慢エリア隣の特別ブースでは、闘会議の出演者がぷよぷよテトリス対決をしていました。先ほどのエリアと比べると初心者同士の対戦ですがこちらは実況付きです。3回くらいウデ自慢エリアのぷよぷよテトリスにチャレンジしましたが、不利なぷよぷよ側を選ぶ人が少なくなり、ぷよぷよ勢はどんどんいなくなってテトリス勢が占拠していました。せっかく2テーブルあるので別々なルールに設定した方が良いと感じました。
闘会議2017へ行ってきた

巨大なコントローラーを使ってレトロマリオをプレイするブースがありました。ファミコンのスーパーマリオ3、もしくはスーパーファミコンのスーパーマリオワールド。どちらもたくさんの列ができていて100分待ちでした。しかし、他にこれより興味のあるブースが個人的になかったので並ぶことにしました。
闘会議2017へ行ってきた

なんとなくファミコンマリオ3を選びました。ステージ1-1を60カウント以内にクリアすると勲章がもらえるようです。2日分でも10数個しか排出されていないとのことなので難しさがうかがえます。腕の広げ方や角度、ボタンの押し方など通常より大幅に難しい操作になっています。
闘会議2017へ行ってきた

他の人たちのプレイを見ると、上手そうな人でもジャンプし損ねて敵に当たったり穴に落ちたりしているので、ラグがあることを想定。ほぼ1秒のラグがあることを事前に見て研究していたので早め早めの操作を意識することで、見事勲章を獲得することができました。
闘会議2017へ行ってきた

巨大コントローラーのブースから離れると、隣のスペシャルブースでシャドウバースの対戦が行われており、ぷよぷよやポケモン等で人気のゲーム実況者「もこう」氏が巨大スクリーンに映ってトークしていました。
闘会議2017へ行ってきた

闘会議へ入場する際に赤チームか青チームを選択する必要があり、青を選択していました。青チームが勝利したため、くじ引きができましたが、残念ながらハズレでした。本日は運の要素が絡むイベントは実質全敗でした。
闘会議2017へ行ってきた

帰りに松屋で豚生姜焼定食を食べて帰宅しました。やはり長時間の立ちっぱなしの疲れは足に来ますね。お疲れさまでした。
闘会議2017へ行ってきた

-特集

Copyright© KMコミュニティ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.